RINXナビTOP > メンズ脱毛リンクスに関する情報一覧 > 未分類 > RINXが家族同然と語る讃岐社長、その愛とリンクスのこだわりについて調べてみた!

RINXが家族同然と語る讃岐社長、その愛とリンクスのこだわりについて調べてみた!

RINXは今やメンズ脱毛業界で第一線を走る一流ブランドです。創業して10年、全国展開し、「脱毛一本」でこだわり続けてきました。先代社長からその職を引き継ぎその大企業を牽引する讃岐社長は、「お客様第一」をモットーとし周囲の人に愛をもって接する温かいお人柄なんだとか。

今回タケヒコは、その讃岐社長の信念やリンクスのサービス、人材育成などについて調べてみました。

RINX讃岐社長がサービスで大事にしていることとは? 

体毛のコンプレックスは、本人にとっては人生も関わる大問題。朝ヒゲ処理しても夕方にはポツポツ…体毛が濃いせいでモテない…。そう、毎日「毛」ひとつに悩まされる私たち。讃岐社長は、「お客様第一」のポリシーを掲げ、脱毛サービスを通してお客様の人生を明るくしたいを強く願っていると語っています。コンプレックスを抱えるお客様に対して高品質の施術で感動させることを目標としているそうですよ。

メンズ脱毛はお客さまと接する時間が長いという点が非常に特徴的。讃岐社長は、脱毛サービスを提供するだけではなく、スタッフがお客様一人ひとりと密接に向き合っていくことが何よりも大切、と教育しているとの事です。そしてお客様が満足を得られるという事は、スタッフのプロとしての能力が高まる機会でもあるとも考えているとのこと。お客様が脱毛を通して自身の理想に一歩近づき、男性としての魅力を高めていく…。そんな感動にスタッフが寄り添うことで、スタッフ自身の成長にもつながり、更なるサービスの研鑽・ホスピタリティの向上につながると確信しているのです。

少しずつ社会的に浸透し始めてきたメンズ美容業界。理想に近づきたい、綺麗になりたいという男性は、今後もさらに増え続けていくと考えられます。その中で讃岐社長は、RINXというブランドに男性の美の追求という大きな可能性を感じ、脱毛ひと筋でとことんサービスを磨き続けたいと語っています。この「お客様第一」の社長の熱い想いが、世の男性の「人生の幸せ」のために今後もメンズ脱毛業界を盛り上げていくような予感がしますね。

RINXの始まりとは?地道な努力が一流ブランドの創生につながる

RINXの始まりは今からおよそ10年前。兵庫県神戸市の雑居ビルの一室でスタートしました。創業者である都築現会長は、毎日自転車で駆けずり回り、ポスティングやチラシ配りなどで奮闘されていたそうですよ。メンズ脱毛業界の第一線を走っている現在からは想像できませんね。そしてその後も成長を止めることなく、株式会社リンクス、RINX PLUS、リンクスホールディングスと拡大していきます。現在の男性会員登録数は7万人を超え、この10年間で40店舗以上、全国に展開しています。

リンクスの強みは自社製のオリジナル脱毛機。日本人男性の体毛に合わせた効果と、安全性の高い施術を可能としています。リンクスホールディングスが提携メーカーと共同で開発した男性専用脱毛機です。そして安全にこだわった化粧品にも注力し、脱毛施術の際に塗るジェルやアフタージェルも、すべてオーガニック由来のオリジナル製品を開発しています。

そしてリンクスホールディングスでは毎年、経常利益の34割ほどを設備投資に充てています。メンズ脱毛のパイオニアとして、脱毛機のアップグレードや店舗のリニューアル、有料製品の独自開発を行っています。設備への投資を惜しまず、利益を大幅に来店者へと還元しているリンクス。そのような大胆かつ革新的な取り組みによって、一流ブランドとしてその名を刻んできたのでしょう。

リンクス社長が家族同然の社員たちへ注ぐ愛情とはいかに?

讃岐社長は、リンクスの社員を息子のように想っていると語っています。「彼らの人生を最高なものにできるのは自分だ」という覚悟をしているのだとか。一人ひとりの頑張りや良さを褒めたり認めたりすることで社員の満足度やモチベーションアップを図っているそうですよ。物事の改善点の答えをすぐに教えずに自ら気づく力を養うという讃岐社長流のマネジメント法を実践しており、社員の成長をサポートしています。

すべてのお客様にメンズ脱毛による人生の感動を届けるために、讃岐社長はまず、しっかりとした知識・高い技術を習得した最高のスタッフ達の育成を重点的に行っているそうです。本部で接遇・技術研修を行い、RINXのサービスの質を高め、顧客満足度アップに向けて積極的に取り組んでいます。

讃岐社長は、スタッフを「人財」と呼んで大事に育てています。それは、先代から受け継いだことだとか。先代の社長である都築会長が、讃岐社長はじめ社員にたくさんの情熱と愛情を注いでくれたおかげで今の自分があると語っています。スタッフへ感謝の心を常に忘れずに、愛情をもって接している讃岐社長。このようなRINXの創業者都築会長のスタッフに対する姿勢が、讃岐社長や社員へと影響をもたらし、結果としてお客様へのより良いサービスに還元できているのではないでしょうか。

「格別の接遇力」と評されるRINXの人材教育と福利厚生 

現在RINXでは、200名近くの従業員が在籍しています。全店全スタッフは正社員であり、アルバイトや契約社員は雇用していません。

脱毛の技術だけではなく接遇の質も向上するため、リンクスでは役職ごとに4種類の教育研修に加えて、3種類の接遇研修を実施しています。現在では社員全員に行なわれる必須の研修として接遇研修が組まれています。この研修は月に1回実施されており、店舗によっては週に1度スタッフのレベルをチェックするところもあるようです。定期的に審査し指導していくことで、スタッフの意識を高める事ができ、40店舗以上に拡大した現在でも格別の接遇クオリティを維持できているのですね。

技術面の教育に関しては、技能士全員がRINXの定めた資格を有しており、医師監修のもとに日々技術を磨いています。肌理論や毛髪理論など医療レベルの知識の習得、脱毛マシンの製造工程についても学習しているのだとか。専門的知識を深める事で、一人ひとりの悩みやニーズに対して個別性に基づいた根拠のある施術ができるよう徹底的に教育されているそうですよ。マニュアル通りの接遇・技術ではなくお客様一人ひとりの目線に立ってサービスを行なえるのは、信頼できるポイントではないでしょうか。

また、リンクスにはなんと39種類もの福利厚生があります。その中で特に驚きなのが「賞与無限制度」というシステム。業績に応じて毎月のボーナスが無限に上がり高い給与を実現しています。他には「人生応援制度」という社員の夢をサポートしてくれる制度もあり、キャリアアップ支援も積極的に行っています。このように、社員・スタッフの努力に対してしっかり還元しているRINX。社員の夢・人生を福利厚生の充実を介して応援することでモチベーションを高めることができ、顧客への満足度につながっているのですね。

まとめ

近年、脱毛する男性は徐々に増加している傾向にありますが、まだまだ「脱毛サロンは女性がいくもの」という社会の先入観は拭えていない現状です。その状況をどんどん打破しているのが、男性脱毛専用サービスを真っ先に展開したRINX。これまで7万人の男性の悩みに応えてきた実績があります。その事業を牽引してきた讃岐社長は、「男性の幸せ」のために人材育成やサービスに注力してきたことが今回わかりました。研鑽された技術、「格別の接遇力」と定評があるサービスとはいかほどなものか気になりますよね。自分のために投資するなら信頼できる場所が良いと思う方、一度RINXでその経験を味わってみてはいかがでしょう。