RINXナビTOP > メンズ脱毛リンクスに関する情報一覧 > 地域情報 > 日本の中心都市である関東の男性の特徴と、脱毛に対する考え方は?

日本の中心都市である関東の男性の特徴と、脱毛に対する考え方は?

日本の中心都市である関東の男性の特徴とは?

一般的には関東地方というと茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の1都6県を指します。
日本の中心の東京があることで関東というと都会なイメージを持つ方も多いかもしれませんが、県によって男性の特徴は様々です。

東京都

東京は主要かつ重要な施設のほとんどが集中していることから、どちらかというと買い物や仕事をする場所のイメージが強いかと思います。
しかし、そもそも純粋な東京出身者というのは少なく、地方出身者が大多数を占めていることもあり、東京の男性は郷土愛といったものはあまり持ち合わせていません。
そういった意味では無個性な方も多いです。

神奈川県

神奈川県の男性は気さくでおおらかですが、自己主張が強めです。
横浜や川崎、湘南、鎌倉といった主要な都市があり、それぞれでまた性格の違いがみられます。

千葉県

千葉県の男性は協調性があり、明るく大らかですが、あまり我を張らず人の意見に流されやすい傾向があります。

埼玉県

埼玉県の男性は、東京都の男性と同じく郷土愛は低めで、控えめな性格の方が多いです。
首都近郊だけでもこれだけの性格の違いがみられます。

栃木・茨城県

また、関東の6県のうち、栃木県や茨城県あたりになると、東京都心から離れるとあって、都会なイメージや性格からはまた変わり、郷土愛も強くなります。
とはいえ、最新の情報や流行は東京から始まるといっても過言ではなく、これらは発達した交通網や情報媒体を通して、関東エリアにはすぐさま伝わっていきます。
若者からそこそこ年代を重ねた男性に至るまで、男性の美意識は日本中でもっとも高い地方になっているといっていいでしょう。

関東地方の男性の脱毛に対する考え方とは?

そんな美意識の高い関東の男性に人気があるのが男性専門の脱毛であるメンズ脱毛です。

もともと脱毛は女性のもの?

もともと脱毛とは女性がより自分をきれいに、美しく見せるために行ってきた行為であり、その目的は異性である男性によい印象を与えたいがためでした。
その反面、男性はむしろ男性の力強さの象徴としてヒゲが濃い人や、体毛の濃い人が好まれ、素敵だと考えられてきたこともあって、男性がお手入れをするといえば、仕事をするにあたって見苦しくないよう、ヒゲを剃るくらいだったと言えます。
それも、会社がヒゲを剃るように命じるからであり、もし会社がヒゲに関して特に剃るように命じなければ、建設関係の仕事に携わる人や、自営業で接客をするというわけでもない場合、ヒゲぼうぼうのままという男性も普通にいたものです。

海外からの影響

それが変わったのは、海外からの企業が多く進出してきたことと、女性の社会進出が原因と考えられます。
海外の男性の方がヒゲ面というイメージがありますが、有能なビジネスマンともなるときれいにヒゲを剃り、さらにはヒゲだけでなく手の甲や指にいたるまで脱毛をしてきれいにし、出来る限り好印象を与えるべきという考え方をするようになってきました。
欧米でもかつてはなかった考え方でしたが、清潔な男性が女性に好かれるのは世界共通とみえ、男性の脱毛が増えたことは女性と大いに関係しているといえます。
女性も社会にでて男性と同じようにキャリアを積み、時には女性上司が誕生するようになると、彼女たちからヒゲをはじめとする体毛は見苦しいと注意されるようになってきたからです。
脱毛をするのが当たり前という海外企業と取引するようになれば、日本人男性が脱毛をしないのはなぜかと聞いてきます。
する必要がないからと答えると、ふたたびなぜと問われます。
彼らからすると、ヒゲにしろ、腕や脛の毛にしろ、見えるところの毛が放置されていることは、自分自身のメンテナンスが行き届いていない証に思えるからです。
女性からは、ヒゲだけでなく、胸や乳首、下腹部やVライン、さらに腕や足全体に毛がボウボウという男性には幻滅とばかりに、毛を理由に振られるようになってしまったのです。
営業職ならば、ヒゲの手入れをきちんとしている社員とそうでない社員で成績が違うことまでわかってきて、このダブルパンチは関東圏に暮らす男性の多くに、男も脱毛をする必要があると痛切に感じさせる理由になったといえます。
このような背景から関東の男性には男であっても脱毛はするのが当たり前だという考え方が広がっています。

関東の男性は脱毛によるメリットが多い

男性に脱毛を決心させるようになったのは、以前のヒゲや体毛が男らしいとポジティブにとらえられていた考え方がまるっきり反対となり、見ていて不潔で、衛生的ではないという印象をもたれるようになったからです。
確かに、無精ひげという言葉があることからも分かるように、ヒゲを剃らない男性は顔も洗っていないように見えても仕方ありません。
本当はしっかり洗っていても、そうは見えないとなると、ヒゲをはやすことのデメリットのほうがはるかに大きく、早急な対策が必要になったことから、メンズ脱毛需要は増える一方です。
また、関東地方は見た目が大事なことが多いエリアです。
東京は仕事をする場所であり、その周辺都市は楽しい観光やレジャーのスポットが数多くあることから、仕事においても遊びにおいても男性の見た目に注目が集まりやすいエリアといえます。
満員電車に揺られることも珍しくない場所柄、隣の男性がヒゲ面で体毛も濃く、ボウボウ生えていた場合と、すっきりしたもみあげにひげも全くなく、さらにつり革や手すりをつかむ手もツルスベということになると、女性が感じる気持ちに雲泥の差が生じるのは明らかです。
また、男性はヒゲが生える分、顔の皮膚が強いというイメージがありますが、実際にはかみそり負けに悩まされている人は多いことから、肌へのダメージを回避し、さらにそこそこ時間のかかるヒゲ剃りという毎日のお手入れから解放されたいという気持ちで脱毛を始める男性も多いです。
関東の男性はみな、注目されることが多く、また意識も高いことから脱毛するメリットを感じやすく、他の地方より男性の脱毛割合が多いのが特徴と言えます。

関東地方の男性なら脱毛サロンの選択肢はかなりある

ヒゲをはやすことのデメリットが増え、早急な対策が必要になったことから、メンズ脱毛の需要は増える一方です。
東京を含む関東6県エリアのほとんど全てに、メンズ脱毛のクリニックやサロンができています。
とりわけ多いのは何といっても東京ですが、関東地方は鉄道網が発達していますので簡単に東京に来ることが出来ます。
勤め先が東京の男性は仕事帰りに脱毛サロンに寄って帰るということも可能です。
また、関東地方は様々なメンズ脱毛サロンがあるので、比較して検討することができます。
男性の脱毛は、女性のように全身をツルスベ状態にするのではなく、適度に残す「全体に薄くする脱毛」であることがほとんどです。
脱毛希望部位ナンバーワンのヒゲも、昨今は顎だけには少し生やすのが人気であることから、あごの一部分を残し、広範囲に生えて無駄としか考えられない頬や、鼻の下にヒゲをはやす気はないという男性はその部分は完全に処理してしまいます。
剃った後が青く目立つあご部分こそ残したくないという人は、全て処理してしまうこともよくあります。
ただし、完全に処理するという選択をした場合、将来ヒゲをはやしたくなってもはやせませんので注意が必要です。
そして、脱毛方法によって施術の期間や痛みの度合いなどが違います。
残すか全て処理してしまうか、どの施術方法にするのかなど事前にしっかり考え、不安があるようであれば脱毛サロンのスタッフと相談することが大切です。

関東にあるRINX(リンクス)はコチラ!(東京のぞく)

RINX(リンクス)船橋駅前店

RINX(リンクス)千葉中央店

RINX(リンクス)横浜駅前店

RINX(リンクス)川崎駅前店

RINX(リンクス)栃木宇都宮店

RINX(リンクス)茨城水戸店

RINX(リンクス)埼玉大宮店

RINX(リンクス)埼玉越谷店